レビトラジェネリックの効果は期待できるの?

レビトラにはバリフやブリトラのように様々なジェネリック医薬品が存在します。
ジェネリック医薬品はインドの製薬会社が製造・販売しており、価格は非常に安価です。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。病院では10mgか20mgの錠剤を使用してED治療が行われています。
ED治療薬の中でもレビトラは即効性があり、食事の影響をあまり受けないのが特徴です。
空腹時に服用すると約20分でペニスが勃起するようになります。
レビトラはエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば、服用前に摂取しても効果に影響がありません。
服用後約45分で血中濃度が最大になります。性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
バリフやブリトラのようなジェネリック医薬品にも、レビトラと同じ有効成分であるバルデナフィルが含まれています。
有効成分が同じなので、効果や副作用なども同様です。
レビトラには即効性があり副作用を発症しやすいのが特徴ですが、基本的に症状は軽いため問題はありません。
有効成分のバルデナフィルは血管を拡張して血流を促進し、短時間で強力にペニスを勃起させます。
血圧が低下すると副作用として軽いめまいを生じます。
また血流が促進され頭部や鼻の粘膜、消化管などが充血すると頭痛やほてり、鼻づまり、消化不良などが起こります。
副作用はレビトラを服用した9割以上に現れます。バリフやブリトラなどのジェネリック医薬品を服用した場合も同様です。
用量が多いほど副作用は強くなりますが、基本的に症状は軽いため問題なくED治療ができます。
レビトラは即効性があり食事の影響を受けにくいのが特徴です。また副作用は軽く体に負担をかけずに済みます。
ペニスを勃起させる効果は10mgだと約5時間、20mgの場合には約10時間持続します。
ED治療薬の中でも利用しやすいので、日本だけでなく海外でも人気です。

日本ではレビトラジェネリックの認可はされていない

レビトラを病院で処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20mgは約1800円になります。
さらに診察料や処方せん料なども必要です。全ての費用を含めると、1錠あたりの価格は3000円ほどになります。
レビトラは海外でも人気のあるED治療薬なので、バリフやブリトラのようなジェネリック医薬品が存在します。
通販サイトを利用すれば、バリフやブリトラなどのジェネリック医薬品を簡単に個人輸入できます。
バリフやブリトラなどの安価なジェネリック医薬品は、インドの製薬会社が製造・販売しています。
日本国内では認可されていないので、利用するには個人輸入する必要があります。
インターネット上には、海外からの医薬品の個人輸入手続を代行する通販サイトが多数存在します。
日本国内で認可されていない医薬品の輸入と販売は法律で禁止されています。しかし個人的に輸入する場合は合法です。
通販サイトでは直接的に輸入・販売を行なうのではなく、個人輸入手続を代行しています。
レビトラのジェネリック医薬品であるバリフとブリトラは非常に安価です。
通販サイトではいずれも20mgの錠剤が1錠あたり約200円で購入できます。インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
製法を変更すれば同じ成分を含むジェネリック医薬品を自由に製造できます。ジェネリック医薬品には開発費がかかっていません。
またインドは人件費など製造にかかる費用も安いため、販売価格は非常に安価です。
日本国内で認可されていない医薬品の個人輸入は合法です。また個人輸入手続の代行も合法とされています。
通販サイトを利用すれば、誰でも簡単にバリフやブリトラなど安価なジェネリック医薬品を購入できます。

人気記事一覧