ジェネリック医薬品でED治療をしましょう!

男性が中高年になると考えておかねばならないことの一つに体の健康があります。
その年齢ともなれば、例えば会社等での地位も高くなり、部下や上司、得意先等の人間関係がより複雑になります。
若い頃のように与えられた仕事を単にこなすだけでは済まないことも多く、上からは結果を求められ、下からは突き上げられ、常に強いストレスがかかります。
仕事に打ち込みたいという気力はあるものの、働きづめで運動不足にもなりがちです。
また加齢による体力の衰えも目立ち始め、体のあちこちに不具合を抱えてしまうこともあります。
そういった中、ED(Erectile Dysfunction)を発症する人も居られます。
EDとは、主に中高年以上の男性に起こる勃起不全のことで、性的な刺激を受けても陰茎が完全に勃起しなかったり、また性行為中に勃起し挿入は出来るものの、途中で萎えて続けられなくなったり、いわゆる「中折れ」の状態も指します。
近年では若年層でEDになってしまう人たちもいます。
原因は先ほどの日常的にかかる強いストレスや運動不足、また病気等かかった場合に服用する薬等でも発症する場合があります。
現在では、EDを改善する治療薬が色々出ており、その薬の代名詞とも言えるアメリカの製薬会社のファイザー社が開発・販売している「バイアグラ」が世界的にもよく知られています。
近年では、バイアグラの特許期限が切れたため、その有効成分を使い製造されるジェネリック薬も出てきました。
ジェネリックとは新薬の特許内容等を基に製造される後発医薬品のことで、新薬の研究・開発にかかる費用が要らず、また特許期限が切れていれば特許使用料もかからないため安価に製造することが出来ます。
海外製だけでなく国内製もあり色々なタイプがありますが、バイアグラと色や形の他、添加物に至るまで全く同じものもあります。
通常は服用のしやすさを考慮するなどして、ゼリータイプにしたり、発泡錠にしたり、添加物の種類を変えたりしています。
これらED治療薬は国内のネット通販では取り扱っておらず、個人輸入やそれを代行してくれる所で海外から購入することになります。
他には、ED治療を行う近くのクリニックで処方してくれます。
EDを発症すると自分に自信が持てなくなり、一人で悩んだり、パートナーを遠ざけてしまう等、日常生活でのデメリットが大きいです。
バイアグラだと高額で費用の面で度々使うことは躊躇われますが、安価なジェネリックだと気軽に使用出来ます。
ジェネリック医薬品でしっかり治して行きましょう。

ED治療薬のジェネリックはクリニックで貰いましょう

安価で購入が出来、有効成分も同じである海外製や国内製のジェネリックがあるのだから、今すぐにでも入手してED治療をしたい人が居られると思います。
街の薬局やインターネットの通販サイトを見ると風邪薬や胃腸薬等、多くの病気に対応したものが揃っていて、欲しい薬がすぐに手に入るようになっています。
どれだけ探しても「似たようなもの」は見つかりますが、ED治療薬を見つけることは出来ません。
それもそのはずで、ED治療薬は有効な作用もある一方で、幾つかの副作用もあり、そういった所では売ってはいけないことになっているのです。
海外の通販サイト等からの個人輸入は許されています。
ED治療薬のバイアグラには、シルデナフィルという有効成分が入っており、そのシルデナフィルは、元々狭心症の治療薬として開発されていました。
その被験者による試験過程で勃起不全に効く事が分かったため、そのED治療薬として使われるようになりました。
陰茎の血管を拡張する作用があり、勃起不全の人でもその作用で、勃起に至る可能性があります。
EDの患者にとってはまさに夢の治療薬なのですが、顔にほてり感じたり、目の充血がある他にも、頭痛や動悸といった副作用があります。
最悪では死亡に至る例もあり、使用量や他の薬との飲み合わせ等、服用方法をきちんと守らなければなりません。
では、どこで入手出来るのかと言うと、先の個人輸入も一つの方法です。
しかし使用は自己責任になります。もっとも安心出来そうなのは、やはり近くのED治療を行うクリニックで受診することです。
クリニックでは薬局やネット通販では入手出来なかったED治療薬を処方してもらえます。
クリニックまで行って受診すると時間がかかりますし、また院外処方になると恥ずかしいといった気持ちにもなりますが、患者本人を診断してくれるので、間違いは少ないでしょう。
何かあった際、相談出来る専門の人がいるというのは心強いことです。

人気記事一覧